燦ホールディングス株式会社

採用について

グループ採用情報

燦ホールディングス(株)キャリア情報

燦ホールディングス(株)障害者採用情報

(株)公益社新卒採用情報

(株)公益社キャリア採用情報

(株)公益社キャリア採用情報

(株)公益社キャリア採用情報

(株)公益社キャリア採用情報

(株)公益社キャリア採用情報

(株)公益社キャリア採用情報

(株)葬仙

(株)タルイ

エクセル・サポート・サービス(株)

グループ採用募集一覧

ディスクロージャー

メディア掲載紹介

お問合せ

燦ホールディングスグループの個人情報の取り扱いについて

株価情報(20分遅れ)

Group Company
グループ会社一覧
 公益社(葬儀社)
首都圏・近畿圏での葬祭サービス
 葬仙(葬儀社)
鳥取・島根での葬祭サービス
 タルイ(葬儀社)
明石・神戸・加古川での葬祭サービス
 エクセル・サポート・サービス
(警備・清掃施設管理の受託、葬祭関連サービス)

警備・清掃施設管理の受託
料理の提供
燦ホールディングスについて 株主・投資家の皆様へ 業務提携をお考えの方へ 採用について

トップページ採用について > (株)公益社キャリア採用情報 > キャリア転職者インタビュー

キャリア転職者インタビュー

20代転職者インタビュー

 

 
Profile

鈴木 浩二(Kouji Suzuki)
葬儀ディレクター(副所長)
葬祭ディレクター1級
2000年入社・国際ホテル科卒

前職 建設業での現場管理業務

転職の決め手を教えてください。

元々、人と接する事が好きであった為、いずれはサービス業に従事したいと考えていました。
しかし、サービス業と言いつつも、葬儀業界の場合は、「死」という「非日常」のなかで行われる施行サービスであり、「自分にできるのか」と不安を抱いたものです。幸い知人が公益社で働いていた事もあり、公益社(葬儀社)の仕事は『究極のサービス業』と聞かされ、その言葉に魅了されて葬儀業界にチャレンジすることを決意しました。


入社前、入社後のイメージは?

皆さんもそうかもしれないですが、私も「葬儀屋さん」=「陰気」「暗い顔」という印象がありましたね。ところが、公益社はサービス業として確立された組織(葬儀社)であり、人的サービスの様々な面でプロ集団であると実感しました。社員一人ひとりがとても明るく、仕事(葬儀)となればとても真剣になる一面が好きです。


現在の仕事を教えてください。

雪谷営業所を主軸とする近隣地域の葬儀サービス(施行)に従事するとともに、首都圏全域での大規模葬(法人葬・社葬)も担っています。また、営業所副所長として会館管理などのマネージメントや近隣地域とのコミュニケーション活動も重要な仕事です。会社の代表者として恥じない様に、お客様への接客を心掛け、一件でも多くのご葬儀をお手伝い出来る様に頑張っています。


その仕事のやりがい(魅力)は?

ご遺族とお付き合いをするのはたった数日の短い時間です。ご要望をお聞きし、形にしていくプロセスの中でご遺族は自分を信頼してくださいます。そして、滞りなく葬儀が終わった後に『ありがとう』『よくやってくれた』などと感謝の言葉を頂くと、疲れも吹っ飛んでしまいます。




今後のキャリアプランについて

今は、一件でも多くの葬儀に携わり、一人でも多くのご遺族に出会いたいです。そして、ご遺族のどんなご要望にもお応えし、常に満足して頂けるようなサービスを目指します。
いずれは「ひとつの地域(営業所・会館)」を任されるようになり、地域で一番信頼される葬儀サービスを提供したいです。       




 

燦ホールディングスグループのキャリア支援

〜国内ビジネススクール派遣(MBA 取得支援)〜
燦ホールディングスグループでは、やる気のある人のために、また、高い能力開発のために、国内の大学院の経営学修士課程(ビジネススクール)への人材派遣を行っております。
第1 回の国内ビジネススクール派遣(同志社大学大学院ビジネス研究科)の対象者に選ばれ、MBA を取得した先輩社員(キャリア転職者)へのインタビューをご紹介いたします。

 
Profile

深水 紀洋(Norihiro Fukamizu)
マーケティング戦略本部(企画開発部課長)
経営学修士(MBA)取得
2001年入社・経済学部卒

前職 鉄鋼メーカー経理業務

転職の決め手を教えてください。

前職の会社においては、安定はしているものの、面白みのなさを感じていました。入社後3年が経過し、全く違うフィールドで自分自身の可能性を試してみたいと思い転職を決意しました。
これからの時代において、成長の可能性があり、かつ、社会貢献的な産業であるという点で、全くの異業種である公益社を選択しました。転職後は正直言って辛い事も多かったですが、転職して7年が経過し、自分自身の選択肢は、正しかったと感じています。


入社前、入社後のイメージは?

入社前は、会社案内等で業界唯一の大証二部上場企業(当時)であり、成長著しく、上場企業としての体制も整っていると思っておりました。実際は、様々な分野で成長や改善の可能性があり魅力的な面が多くありますが、一方で、体制が整備されていないことから、泥臭い仕事があったりするなど戸惑う面もありました(現状はかなり改善されています)。常に“郷に入れば郷に従え”という気持ちを忘れずに、改善すべき点は改善する気持ちで取り組んできたので、自分にとってはプラスになる経験が非常に多かったと感じています。


現在の仕事を教えてください。

現在は、係数管理・新規会館展開計画の策定・会館営繕及び契約管理・各種特命事項等の仕事を担当しています。現場以外の営業の管理部門・本部の業務内容・役割は、葬儀社も他業界と同じかと思います。私の担当している具体的な業務については、業績進捗管理・月次レポートの作成、新規会館展開及び会館営繕計画の策定・進捗管理、各種重要契約の締結、特命事項等を担当しております。
特命事項は、大阪市の指定管理者制度の入札対応や、事業提携先との交渉等です。20年3月に大学院を卒業し、20年4月に課長に昇進後、仕事の質・量共に高いレベルを要求されると共に、責任も重くなりましたが、他部門と連携しながら、コミュニケーションを密にして、仕事をするように心掛け実行しています。


その仕事のやりがい(魅力)は?

会社の規模が小さいので、チャンスがあれば、会社の重要案件を担当することができ、会社の成長と自己実現とを実感しながら仕事ができる点だと思います。忙しいことが多いですが、つらいなりに充実感を感じながら業務に取り組んでいます。


今後のキャリアプランについて

企業派遣で、MBA留学させて頂き、非常に感謝しております。今までは、井の中の蛙でありましたが、MBA留学で、他社の方と議論したり、様々な価値観のぶつかり合いを体験することにより、当社の強み・弱みがはっきりと認識できると共に、仕組み・仕掛けができていないが故の可能性はまだまだあると感じています。MBA取得により、新たな出発点に立ったという気持ちで、自分自身の更なるスキルアップを図ると共に、新規会館展開計画や新しい仕組みを作り、会社に貢献したいと考えています。       



30代転職者インタビュー

 

 
Profile

殿村 博文(Hirofumi Tonomura)
葬儀ディレクター(営業所長)
葬祭ディレクター1級
2001年入社・商学部卒

前職 流通業(デパート)の販売業務
保険代理業務(半年)

転職の決め手を教えてください。

倒産により転職を余儀なくされ、再就職の選択に葬儀サービス業を選択肢の一つとして模索していました。当時は行き着かず、前職の保険代理業務を半年行っていましたが、ある時雑誌に当社の広告を見て面接を受けたのがきっかけです。前職の保険代理業は同じサービス業であってもどことなく『冷たい』感じが残る(事が起きるまで顧客と接することが無い)のが気になっていましたが、その点葬儀サービス業は2〜3日ではありますが、顧客(ご遺族)へ『心のこもった』サービスで応えられるのではと感じたからです。


入社前、入社後のイメージは?

やはり葬儀と言うイメージが、「暗い」「ダーク」な印象がありましたが、当社は会社組織として葬儀を運営しており若い社員が多く、又女性も第一線で活躍しております。私に代表されるように入社まもない社員でも昇給・昇格することができる会社です。


現在の仕事を教えてください。

東大阪営業所長(幹部職)として、葬祭会館の管理業務および所轄全体の葬儀サービスが滞りなく施行されるように取り仕切る(コントロールする)役目を担っています。サービスの質を高めるための部下育成や地域(町会や諸団体)とのコミュニケーションも大きな仕事です。


その仕事のやりがい(魅力)は?

やはりご遺族から感謝されることでしょう。「人の死」という究極の場面において、ご遺族へ親身になって接し、そしてご遺族に成り代わってセレモニーを進行・運営します。そのようなプロセスの中で、私たち社員に対して本当の身内のように接してくれるご遺族もおられます。現在はそういった心のある社員を一人でも多く育成出来たらと思い仕事をしております。


今後のキャリアプランについて

お客様から最も支持される・信頼される営業所(葬祭会館)を運営する事です。ご遺族から「公益社の○○さんに」と指名されるような社員を育成し、地域に密着し・貢献できるような強靭なパワーを持った営業所づくりを目指しています。




 

 
Profile

黒川 泰昭(Hiroaki Kurokawa)
葬儀ディレクター
葬祭ディレクター2級
2004年入社・経営学部卒

前職 飲食業での店舗運営業務

転職の決め手を教えてください。

4年程前祖父母が他界、両親のいる関西圏(地元)での求職を希望していました。前職は相次ぐ店舗閉鎖・規模縮小の状況でした。ご支持いただいているお客様に対して嘘をついているようで、申し訳ないという思いが募っていました。ただ、前職で培ってきたお客様への気遣い・心配りの精神・サービス(商品)を活かせる仕事という思いがありました。その中で再就職先の一つとして葬儀ディレクターを考えました。ちょうどその頃、妻の協力もあり当社の募集を知り、応募したのがきっかけです。お客様の心に残るサービスを続けていきたいという思いからでした。


入社前、入社後のイメージは?

葬儀社は一般的に暗いイメージがあります。しかし、当社では私より若い社員が多く、女性社員・スタッフも生き生きと活躍しています。それぞれが経験豊富で知識・知恵を持っています。何より周りの協力なしには成り立たない仕事です。仕事の応援・相談にも応じてくれるすごくいい雰囲気です。


現在の仕事を教えてください。

宝塚営業所の所員(葬儀ディレクター)として、打合せ・式場設営準備・セレモニーの司会・進行を担当しています。地域へのポステング計画作成・実行も担当。出来るだけ多くの仕事・経験を積み重ねていく事が重要だと思っています。社内での司会検定にも頑張っています。私たちのサービスが商品ですから!


その仕事のやりがい(魅力)は?

お客様(ご遺族)から頂戴する「ありがとう」の言葉です。それは何よりの励みになります。まだ未熟な私ですが、お客様の声(事情や考え)を聞き、ご家族(故人)との最期のお別れの準備・お手伝いが出来たか?「ありがとう」の言葉はその成果だと思っています。その言葉をそのまま、先輩・スタッフへ伝える時、いい仕事が出来たと嬉しく熱くなります。



今後のキャリアプランについて

より多くのお客様に支持いただけるよう質の高いサービスを実現することです。その為、今不足している知識や技術を習得し、葬祭ディレクター資格もとっていきます。お客様(ご遺族)の心に近いサービスを実現させます。そして、お客様の多様化するニーズに合わせた式典を創造してみたいです。

ご紹介している社員の会社名・所属、Profile(職種・役職・資格)は2008年3月31日現在のものです。


  ページTOPへ

Copyright(C) San Holdings,Inc. All Rights Reserved. サイト利用にあたって サイトマップ