業績予想に関するお知らせ

今期連結業績予想

2022年3月期の業績予想数値に関しては、いまだ新型コロナウイルス感染症の収束時期を見通せる状況にはなく、少なくとも通期でコロナ影響があるものと前提をおきます。

営業収益については、一般葬儀は死亡者数の増加率に基づくものと新店開設により葬儀施行件数の増加を見込んでおります。5百万円超の大規模葬儀施行件数についてもコロナ影響を考慮しながらも件数増を見込んでおります。葬儀施行単価は当期実績並みの水準としております。葬儀に付随する販売・サービスの提供等の収益についても増収を見込んでおります。

費用については、生産性の向上およびコスト抑制に努めた結果、利益を出しやすい体質に変化してきており、引き続き改善を図ってまいりますが、2022年3月期は葬儀会館の新規出店やリニューアル、新規事業であるライフフォワードへの投資等、将来への戦略的な投資を積極的に実施するため、先行的な費用が発生する見込みです。この結果、売上高営業利益率は一時的に下がりますが、他の費用を抑制することで中期経営計画最終年度に掲げた「売上高営業利益率13%」の達成を目指します。

なお、新型コロナウイルスの感染状況の推移等によっては、上記前提の合理性が大きく損なわれる可能性があります。その場合には、新たな前提に基づく業績予想の修正開示を速やかに行います。

2022年3月期通期連結業績予想

  • 2020年
    3月期
    通期
    連結実績
    2021年
    3月期
    通期
    連結実績
    2022年
    3月期
    通期
    連結業績予想
    2021年5月13日公表
    前年同期比
    営業収益
    (百万円)
    21,281 18,865 19,760 +4.7%
    営業利益
    (百万円)
    3,091 2,550 2,570 +0.8%
    売上高
    営業利益率
    (%)
    14.5 13.5 13.0 △0.5pt
    経常利益
    (百万円)
    3,064 2,536 2,540 +0.1%
    親会社株主に帰属する
    当期純利益
    (百万円)
    1,856 1,562 1,590 +1.7%
    1株当たり
    当期純利益
    (円)
    165.81 141.24 143.70 +1.7%

※業績予想に関する留意事項
業績予想に関しましては、当社および当社グループが入手可能な情報から得られた判断に基づいておりますが、リスクや不確実性を含んでおります。実際の業績は、当社および当社グループを取り巻く経済情勢、市場の動向のほか、様々な要素により、業績予想とは大きく異なる結果となる可能性があります。