燦ホールディングス株式会社

燦ホールディングスについて

社長メッセージ

会社概要

組織一覧

会社沿革

事業特性

グループ会社一覧

コンプライアンスへの取り組み

リスクへの取り組み

環境への取組み

社会貢献活動について

メディア掲載紹介

ディスクロージャー

メディア紹介

お問合せ

燦ホールディングスグループの個人情報の取り扱いについて

株価情報(20分遅れ)

Group Company
グループ会社一覧
 公益社(葬儀社)
首都圏・近畿圏での葬祭サービス
 葬仙(葬儀社)
鳥取・島根での葬祭サービス
 タルイ(葬儀社)
明石・神戸・加古川での葬祭サービス
 エクセル・サポート・サービス
(警備・清掃施設管理の受託、葬祭関連サービス)

警備・清掃施設管理の受託
料理の提供
燦ホールディングスについて 株主・投資家の皆様へ 業務提携をお考えの方へ 採用について

トップページ > 燦ホールディングスについて > 事業特性

事業特性


燦ホールディングスグループの中核事業は葬祭事業です。
グループ葬祭事業の強みは以下のとおりです。

4つの特性

●総合葬祭サービスの提供

 葬祭業はとても底辺の広い仕事です。一つひとつ異なる葬儀について、数多くの要素を組み合わせてトータルな葬祭サービスを提供しなければなりません。私たちは、ご遺体の搬送から葬儀請負、そして式事執行のみならず、葬儀に付帯する棺・生花・料理・供養品の取り扱い、霊柩車および送迎バスの運行、返礼品や仏壇・仏具の販売など全てを担っています。
 さらに事前のご相談から葬儀後のご遺族サポートまで、様々なご要望に最大限にお応えできるよう商品・各種サービスを充実させています。

●関西の社葬市場での圧倒的シェア

 社葬は、会社にとって失敗の許されない大きな行事であり、必然的に会葬者数の多い大規模葬儀となりますので、信用と実績のある業者にしか施行できません。公益社は、こうした社葬をすでに戦前から、在阪大手企業の依頼により数多く執り行い、今日に至るまで実績を積み重ねてきました。現在、関西の社葬に関しては9割を超える圧倒的シェアをいただいています。それを支えるのは長年培った信用とノウハウ、時代を先取りする提案力、そしてグループ内外からの調達力等総合的な対応力です。
 1994年には関西で育んだ社葬のノウハウをもって東京へ進出し、東京の社葬市場での地歩を着実に固めつつあります。

●葬祭会館施設の充実

 1971年の千里会館の開設は、近代的葬祭会館の先駆けとなりました。当時、核家族化した勤労者世帯を中心とする都市部では、葬儀に関する地域の相互扶助が成立せず、また、団地等手狭で中高層化する住宅事情から、自宅での葬儀が困難となりつつありました。こうした状況を背景に、葬祭業者が自ら会館を持ち、そこで喪家に対して隅々まで行き届いた葬祭サービスを提供するという「葬祭業の装置産業化」時代を先取りするものでした。
 その後、上場を契機に葬祭会館の展開を加速させ、近年では、一日一葬儀貸切りの会館を中心に新規会館を展開しており、燦ホールディングスグループ全体では現在では60会館(2016年9月末現在)を有します。

●独自の高付加価値サービス

 当社独自の会員制度≪プレビオクラブ≫で、葬儀の事前相談やツアー・文化講座のご案内等の特典をご用意するほか、公益社ならではのサービスをご提供しています。その一つが、お元気だったころのおもかげを取り戻し、感染症のリスクも防ぐことで、安全な環境で時間にとらわれずお別れをしていただくことを可能にする科学的な技術≪エンバーミング≫であり、もう一つが、安心の葬儀生前契約の普及をめざし、三井住友銀行と共同開発した公益社の葬祭信託≪そなえ≫です。
ページの先頭へ
Copyright(C) San Holdings,Inc. All Rights Reserved. サイト利用にあたって サイトマップ